お知らせ
◆2022-2023年シーズン インフルエンザワクチンのご案内◆
接種開始日 2022年10月3日(月)
予約受付開始日 2022年9月16日(金)

ご予約方法

  • (1) WEB予約:診察券番号のない方も予約できます。2か月先~2日前まで予約が可能です。
  • (2) 受付窓口での直接予約
  • (3) 電話での予約(予約システムではなく、直接の対応となります)
(※)受付窓口、電話でのご予約は、混雑が予想されます。皆様のお手を煩わせる可能性が高いこと、
また、当院としても通常の窓口業務に支障を来たす恐れがあること、さらには、新型コロナウイルス感染予防のためにも、可能な限りWEB予約をご利用ください。ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

接種について

接種料金
1回目 4,000 円(税込)
2回目 3,000 円(税込)
他院で1回目を接種され、当院で2回目を希望される場合は4,000円となります。
接種回数・接種量
6か月~2歳(3歳未満) 1回0.25ml、2回接種(※)
3歳~12歳(13歳未満) 1回0.5ml、2回接種(※)
13歳以上 1回0.5ml、1回接種
(※) 1回目と2回目の間隔は2~4週間ですが、より高い効果を得るために4週間をお勧めします。
(※) 原則として、1回目をご予約の際、2回目のご予約もお取り下さい。
(※) 出来る限り、1回目は10~11月、2回目は11~12月中に済ませてください。

その他

  • インフルエンザワクチン接種専用のご予約となりますので、同時に一般の診察をご希望の方は、少々お待ちいただくこともございます。あらかじめご了承下さい。
  • 他ワクチンとの同時接種も可能です。他ワクチンと同時接種を希望される場合は、他ワクチンの予約日と同じ日にインフルエンザワクチンのご予約をお取りいただくか、電話・受付窓口でその旨ご用命下さい。

【2022/2023冬シーズン】今シーズンも
しっかりインフルエンザワクチン接種を!

昨シーズン(2021/2022冬)、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が危惧されましたが、結果的にインフルエンザはほとんど見られませんでした。新型コロナウイルス対策として普及したマスク、手洗い、3密回避、行動制限等の感染対策が有効であったためと考えられます。

しかしながら、2021年後半から2022年前半にかけ、北半球の多くの国ではインフルエンザの小~中規模の流行が見られています。また、北半球と季節が逆転する南半球では、2022年4月後半よりオーストラリアでインフルエンザの大流行が発生しており、医療の逼迫が問題となっています。北半球の日本においても、今冬には同様の流行が起こる可能性もあります。

また、日本国内においては、過去2年間インフルエンザの流行が無かったため、インフルエンザウイルスとの接触の機会が極端に減っており、インフルエンザに対する免疫力が減弱していることが予想されます。インフルエンザが最後に流行したのは2022年1月~2月ですので、それ以降に生まれたお子さんは、インフルエンザに対する免疫を全く持っていないことになります。このような状況下で感染が拡大すると、小児を中心に大流行し、新型コロナの比ではないレベルで多数の小児重症患者が発生する可能性も危惧されます。

現時点の新型コロナ第7波下においても、インフルエンザ患者さんは散見されています。また、今年初夏には東京都内の小学校でインフルエンザによる学年閉鎖も発生しています。インフルエンザはこの世から消えてなくなってしまったわけではなく、息をひそめて、爪を研いで待っている状態なのです。
今シーズンも、いやむしろ新型コロナウイルスへの対策が続く今シーズン以降こそ、しっかりとインフルエンザワクチンを接種して頂くよう、強くお勧めいたします。

フルミスト(4価経鼻インフルエンザ生ワクチン)のご案内はこちら

クリニック概要

クリニック概要

〒213-0023
川崎市高津区子母口497-2 子母口クリニックモール2F
診療時間